禁煙すると太る原因はこれ!

禁煙太る原因
Pocket

禁煙すると太るからタバコはやめたくない。
という人がいます。
果たして太るのは禁煙したからでしょうか?
今回は禁煙すると太る原因についてご紹介します。

スポンサードリンク




禁煙すると太る原因

よく禁煙すると太ると言われています。
太ってしまう原因は一つではあります。
今回は以下の内容をご紹介します。

食欲の回復
胃液の回復
味覚の回復
口元の寂しさ
禁煙によるストレス
体重コントロールについて

禁煙による食欲低下の回復

現在では様々な研究によってニコチンが食欲を抑制していたことがわかりました。
脳の視床下部(ししょうかぶ)と言われるところに満腹中枢に関係する場所があります。
そこの神経細胞ニューロンをニコチンが活性化させ、空腹を感じにくくさせているようです。

たしかにお腹が空いてすぐに食事ができないときは無意識にタバコを吸って空腹を紛らわせていました。
ニコチンは脳にまで影響を与えていたんですね。

禁煙をするとニコチンが抑制していた食欲が回復するので「普通にお腹が空く」ということです。
正常な状態に戻るだけですが食事量を増やしてしまう原因になりますね。

禁煙による胃液減少の回復

ニコチンの影響で胃液の減少が起こります。
禁煙することで胃液の分泌量も回復し胃腸の働きが良くなります。
すると自然に食欲も回復します。
タバコを吸っているときは「食欲不振」や「胃もたれ」の状態だったのが正常な状態になるのです。

タバコを吸い過ぎた日は胃がムカムカしませんでしたか?
私はタバコを2箱近く吸うと吐きそうになってました。

禁煙に成功した現在では空腹でも胃がムカムカすることは1度もありません。

食事の量は増えてしまいましたw

禁煙による味覚の回復

タバコを吸うと味覚が鈍る理由が二つあります。
禁煙をするとその機能が回復するんですね。

舌の器官で味を感じる「味蕾(みらい)」という器官があります。
タバコの影響はこの味蕾に悪影響をおよぼします。

①亜鉛不足
タバコを吸うと活性酸素が発生し、亜鉛が活性酸素を除去するために消費されます。
一方、味蕾という細胞は短期間で生まれ変わるため亜鉛を必要とします。
活性酸素を除去するために亜鉛は消費されているので味蕾の生まれ変わりには使われません。

すると味蕾の細胞は生まれからりが出来なくて味覚障害の原因になります。

②舌機能のマヒ
ニコチンやタールは舌の感覚をマヒさせます。
当たり前ですが舌は「甘味、苦味、酸味、塩味、うま味」を感じるのですがタバコの成分の影響でこの感覚がマヒします。
すると味覚障害になります。

禁煙をすると舌の鈍っていた機能が回復します。
それが「禁煙すると食事がおいしくなる」理由なんですね。

もちろん「食べ過ぎ」てしまいます。

口元が寂しい

禁煙直後は口元がとても寂しいです。
いつも定期的にタバコをくわえていたのに急に何もなくなる。
すると口に何かを加えたり、入れたりしたくなります。

私は「食事」「アメ」「ガム」「飲み物」などに手が行きました。
口元の寂しさを紛らわせている行為が「食べ過ぎ」の原因になってました。

スポンサードリンク




禁煙によるストレス

禁煙はストレスが溜まります。
特に「我慢」で禁煙にチャレンジすると不安や怒りでストレスが異常に貯まります。
するとストレスを発散させる行為の一つに「食べる」を選択してしまいます。

一時的ですが「タバコが吸いたい衝動」から逃れられますね。

体重コントロールについて

禁煙による太る原因の1番は「食べ過ぎ」です。

これは研究結果でも発表されていますが喫煙本数が多い人ほど肥満も多いです。
その原因は「健康に対しての意識の低さ」。
そもそも食事や生活習慣を改善する必要があります。

禁煙と体重コントロールについて下記のサイトが参考になります。

体重コントロール

「たばこをやめると太るから困る」と思われる方も多いことでしょう。
確かに禁煙すると基礎代謝が落ち食欲が増加するため、通常は2-4kgの体重増加がみられます。
加えて口寂しさやイライラを防ぐためにいつも以上に食べ過ぎてしまったり、通常以上に体重が増加することも考えられます。
体重を気にしすぎて喫煙を再開してしまう方もいらっしゃるように、体重を上手にコントロールすることは禁煙経過を観察するために必要な条件です。

1. 体重コントロールの時期
禁煙前から「たばこをやめると太る」と心配される方は多く、禁煙開始とともにダイエットを開始するケースも見受けられます。
禁煙開始時には、生活習慣の改善など様々なストレスが加わります。
「二兎を追うものは一兎を得ず」ということわざがあるように、複数の目標を持つことは最も達成すべき目標をも見失いがちです。
禁煙開始時は離脱症状の乗り越えに専念し、体重コントロールは禁煙が安定した禁煙後6~8週以降に開始するのがよいでしょう。
ただ、もともと糖尿病を患っていらっしゃる方やお薬を使って早い時期から禁煙の安定していらっしゃる方の場合は、
禁煙初期から運動を負荷するコントロールを行ないましょう。

2. 体重への意識を変える
喫煙者は喫煙により毎日毒素の入った生活をしているため、本来の自分よりもやつれてしまい体重が減少します。
体重増加に対して「元の自分に戻った」「健康的になった」と考えるようにしましょう。
禁煙することで得る生涯の健康は、体重増加とは比べ物にならないほど価値のあるものです。

3. それでも気になる場合には
どうしても体重が気になる場合は、以下の点に留意して体重コントロールを行ないましょう。

1. 1日1回体重測定を行ない記録しましょう

体重管理は体重を気にすることからはじまります。
毎日体重測定をして、手帳につけることだけでも体重のコントロールは良好となります。
また自分の体形を気にするという意味からも全身を写す鏡があれば毎日裸で自分の身体を映して体形をチェックしましょう。

2. 適度な運動を心がけましょう

毎日続けることの出来る簡単な運動を考えましょう。
例えば家事をしながらできるストレッチや通勤時の大股早足ウォーキングなど、
日常生活に取りいれても支障のでない程度で毎日継続できる運動を実践しましょう。

3. 規則正しい食生活を心がけましょう

多くの食材を使うことを心がけて、脂っこいものを控えましょう。
外食をする場合はできるだけ定食のように品目の多いものを。
ハンバーガーショップでは、ポテトをサラダに変えるなどの工夫をしましょう。

4. 間食を工夫しましょう

禁煙すると口さみしくなり、それを補うために間食が増えます。
干し昆布や梅干、フリスク・キシリトールガムなどカロリーの低いものを選ぶようにしましょう。
また飲み物は、お茶や水、砂糖の入っていないコーヒーなどを選んで、ジュース・アルコールは飲み過ぎないようにしましょう。
e-ヘルスネット

まとめ

禁煙で太る原因についてまとめます。

    ・脳や胃腸が正常に動き空腹になる
    ・味覚が改善され食事がおいしくなる
    ・ストレスを食べることで発散させている
    ・体重コントロールを意識する

禁煙は太ると心配する人も多いですが原因は「食べ過ぎ」です。

「禁煙=太る」ではありません。

禁煙は良いことばかりです。
がんばりましょう!

ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。