気になるクリスマス時期のレストラン。予約はいつから出来る?

Pocket

2016年のクリスマスは3連休!
23(金)24(土)25(日)
いつもなら仕事を急いで片づけてクリスマスディナーに向かうあなたも
今年はゆっくり楽しめますね。
20代から30代のサラリーマンに読んでほしい
クリスマス時期のレストラン予約のお話しです。

スポンサードリンク




予約はいつから?

b46f7440cc3039f829691472b4031fe7_s

レストランのクリスマスディナーは11月から受け付けするレストランが多いようです。

早いレストランは3か月前でも受け付けているようです。

バブルの時代は1年前から予約が必要な店があったとかw
隠れ家的なレストランならそんな予約も必要かもしれませんね。

狙いのレストランがあるならHPをチェックし
実際に電話してみて
「いつからクリスマスディナーの予約を受け付けているのか?」
を確認するのが早いでしょう。

続いて20代から30代のクリスマスディナーの相場を確認しましょう。

クリスマスディナーの予算

4edce5feb0556fa9ac296f63d8c14fb7_s

1人1万円から2万円と考えるのが無難でしょう。
クリスマスディナーは大体一人1万円出せば
結構贅沢感のあるコース料理が楽しめるでしょう。

最近のデータでは5,000円以下のクリスマスディナーも人気らしいですが
学生なども混ざっていると思われます。
大人のクリスマスディナーとしてちょっとお勧めしません。

勝手な偏見ですがそれなりの値段にはそれなりの料理が出てくるでしょう。

ちなみに女性の希望ディナー金額は「1万円」が多いそうです。

コース料理にドリンクを追加すれば
1人1万5千ぐらいで合計3万円。

トータル3万から4万をイメージすれば
女性も満足してくれるでしょう。

あまりレストランでのディナーが慣れてない人は
服装が気になると思います。

次は服装についてお話します。

クリスマスディナーの服装は?

レストランに行くときはスーツを着ていけば問題ないでしょう。
普段スーツを着ない仕事の人はビジネスカジュアルでも良いかと思います。

間違いのない方法は予約するときにお店の人に
「ドレスコードはありますか?」と聞きましょう。

ただし、「特にありませんので気にしなくても問題ありません」みたいな返事が返ってきたら
「普段はどのような恰好のお客さんが多いのか?」と聞いておきましょう。

初めて行くお店ですから雰囲気がわからなくて当然です。
質問して客層を確認しておけば場違いな恰好で目立つことはないでしょう。

ジーパンやサンダルなんかで行くのはNGです。
必要以上の「俺らしさ」アピールはやめておきましょう。

実はクリスマスディナーを割引で楽しむ方法があります。

それはキャンセル待ちです。
キャンセル待ちの注意も含めて続きを確認してください。

キャンセル待ちを狙えば割引できる

私はお勧めしませんが前日や当日にキャンセル待ちを狙う方法があります。
お店側としても食材を無駄にしたくないのです。
当日のキャンセル待ち料金を設定しているお店もあります。
お店によっては1万円引きもあるとか。

でも二人の関係性が浅いならやめておきましょう。
「せこい」とか「ダサイ」と思われるでしょう。
せっかくのクリスマスです。
付き合って日が浅いならがんばって特別な日を演出してあげましょう。

逆に二人が長年付き合って気軽にお金の話や
安売りの買い物などが出来るなら彼女に相談して
キャンセル待ちを狙うのは問題ないでしょう。

ただキャンセル待ちのレストランが取れなかった場合の
代替案を考えておくのは忘れないでください。

まとめ

クリスマスのレストラン予約は11月から受け付けスタートが多い。
予算は1万から2万
服装はスーツ
キャンセル待ちで割引が狙える

特別な夜を是非楽しんで良い思い出を作ってくださいね。
ありがとうございました。

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。

コメントを残す