グルメは行くべき!京都の紅葉ライトアップ3選

Pocket

京都では毎年幻想的なライトアップが紅葉を彩ります。

京都の紅葉は10月末から見頃を迎えますがライトアップの時期は11月中旬から12月初めごろに集中しているようです。

紅葉の時期といえばもちろん『食欲の秋』京都の美味しいお店も気になるところですよね!
眼も口もお腹も秋の京都で満足させちゃいましょう。

スポンサードリンク




北野天満宮

(上京区馬喰町 ℡075-461-0005)

2016829-1

学問の神様菅原道真を祀った神社で菅公ご縁の樹木が250本、その他も400年近い樹齢のものもあり、たいへん見応えがあります。
紅葉時期以外でも京都でも指折りの観光地ですから、施設は充実しています。
天満宮内や周辺にも観光スポットが多数あり、ライトアップ前後にも京都を堪能することができます。
お抹茶の席もありますので、千利休が開いた北野大茶会を思いながら一服されるのもいいでしょう。

・アクセス
JR京都駅からですと市バス50系統立命館大学行きに乗り30分。
北野天満宮前すぐです。
駐車場は300台無料(毎月25日は利用不可)

・ライトアップ期間
11月12日~12月4日(無休)

・営業時間(開苑時間)
もみじ苑の開門時間 10時016時
ライトアップ 日没以降~20時

・料金
拝観料はお茶菓子が付いて大人700円・子供350円です。

・グルメ情報
食事は歩いて10分ほどの所に『金為』という漬け物懐石のお店があります。
漬け物処の京都でもここの漬物はひと味違います。
なんと!このお店では、『漬け物懐石』が食べられます。
出るのは漬け物と御飯とお茶だけ。
でも、そのどれもが美味しいのでお腹いっぱいになるまで食べてしまいます。ごはんは食べ放題で、私の場合2杯はあったかご飯で、1杯はお茶漬けで。
午後5時半には閉店ですが、北野天満宮ではお茶席も設けられる様ですので、それと絡めて楽しんでみられてはどうでしょう。
北野大茶会の雰囲気が感じられるかも知れません。
新米も出る頃ですから、炊きたて御飯と一緒に味わうのも京都の秋の楽しみです。

南禅寺・天授庵

(左京区南禅寺福地町86-8 ℡075-711-0744)

2016829-2

枯山水と池泉回遊式の二つの庭園があります。
夜になると拝観ルートが変わるのが特徴で昼間入れなかった書院や本堂の中から紅葉が楽しめます。
昼と夜、屋外でみるのと屋内で見るのとで別の表情を見せてくれる京都の紅葉。
この季節の京都でも、ここでしか味わえない幽玄の美を感じる事が出来ます。
こちらも施設の整った場所ですのでゆっくり安心してご覧になれます。

・アクセス
地下鉄蹴上駅から徒歩7分。
駐車場はありません。

・営業時間
通常 9:00~17:00(11月11日のみ12:00まで)
冬期(11月15日から) 9:00~16:30
ライトアップタイム(11月15日~30日) 17:30~20:45

・ライトアップ期間
11月15日~11月30日(無休)

・料金
拝観料金 大人400円 高校生300円 小中学生200円、
ライトアップ料金 大人500円 高校生400円 小中学生300円

・グルメ情報
南禅寺といえば湯豆腐ですよね。
哲学の道沿いの『喜さ起』という豆腐専門店があります。
ここの湯豆腐はとろける様で絶品ですよ。
南禅寺といえば『湯豆腐』ですよね。
ちょっとひんやり仕掛けた夕暮れ時に湯豆腐を頂くのも趣があります。
南禅寺から歩いて10分ほどのところ、哲学の道沿いに『喜さ起』という豆腐専門店があります。
とろりととろける様な豆腐がたまりません。
お店から加茂川の紅葉も鑑賞することが出来ます。この時期はまたお酒が美味しくなる季節です。
伏見の酒と湯豆腐、そして紅葉で京都を満喫してみては?
是非お試しあれ。

貴船神社

(左京区鞍馬貴船町180 ℡075-741-2016)

2016829-3

鞍馬天狗で有名な鞍馬寺からさらに山奥に入った『京都の奥座敷』と言った感のある場所です。
貴船神社の本殿前には樹齢1000年とも言われるご神木があり、その巨大さと荘厳さに圧倒されます。
四月の初めくらいまで雪が残っている位冷え込む場所なので紅葉も少し早めです。
紅葉のライトアップだけでなく『叡山電車もみじのトンネル』『貴船もみじ灯籠』という京都の秋を代表するイベントもあります。
鞍馬山の奥の方まで上がりますので、夜になると冷え込む可能性があります。
羽織るものを一枚多くお持ちになると安心です。
空気もきれいですし、紅葉の美しさは格別。
眼に染みいる様です。
川のせせらぎがまた情緒を深めてくれます。

・アクセス
叡山電鉄鞍馬線貴船口駅 徒歩25分
京都バス 貴船下車5分
駐車場有り。2時間まで500円。本宮10台奥宮15台。

・営業時間(『もみじ灯籠』期間中)
6:00020:00
・ライトアップ期間
11月5日~11月27日(無休)

・料金
無料

・グルメ情報
夜の紅葉めぐりは身体が冷えてしまいますね。
少しからだが冷えてしまったら、貴船料理はいかがでしょう。
特におすすめは「ぼたん鍋」身体の芯から温まります。
また、鞍馬寺の門前には名産の『木の芽煮』が売られています。
あつあつの御飯に乗せると最高で、お土産には最適ですよ。

まとめ

秋の京都は、紅葉、グルメ、芸術などなど魅力がいっぱいです。
それぞれの楽しみ方で描かれてみてはいかがでしょうか?

京都の紅葉は昼と夜では全く違った魅力がありますね。
ライトアップで美しく照らされた紅葉を楽しんだ後は、おいしい料理で京都を満喫してください!

スポンサードリンク




SNSでもご購読できます。

コメントを残す