京都人気の紅葉スポット!幻想的な「モミジの永観堂」ライトアップ

Pocket

京都には数え切れないほどの紅葉スポットがありますが、あまりに多過ぎて「どこに行けばいいのかわからない!」という人も多いはず。
今回は数ある名所の中でも「モミジの名勝」と呼ばれる京都屈指の紅葉スポット、永観堂のライトアップをご紹介します。
昼間の紅葉とはまた違う、幻想的な光景に出会えますよ。

スポンサードリンク



モミジの永観堂に行くなら夜のライトアップがオススメ!

084beb933f8ed242ef6af24c91c77bec_s

永観堂は浄土宗西山禅林寺の総本山で、「秋はもみじの永観堂」と言われるほどの京都屈指の紅葉名所。
あの有名な阿弥陀如来立像「みかえり阿弥陀」でも知られています。

境内には3000本のモミジが植えられ、紅葉の時期には紅葉に埋もれる多宝塔と岩垣もみじに囲まれた放生池を中心に多くの参拝客で賑わいます。
例年の見頃は11月中旬011月下旬。
昼間の紅葉も美しいですが、オススメは夜のライトアップ。
境内中が600基を超える照明でライトアップされ、暗闇に照らし出される赤い紅葉はまさに幻想的です。

・拝観時間、料金
通常拝観 9:00~17:00 拝観料1,000円(寺宝展期間中)
ライトアップ 17:30~20:30 拝観料600円(通常拝観とは別料金なので注意!)

混雑必至のライトアップ、できるだけ待たずに観るには?

509b1fd887655ce704a242f8fd5c9a14_s

京都でも屈指の紅葉スポットだけに、ライトアップ時には非常に混雑します。
特に受付開始時の17:30頃には長蛇の列となりますので、列ができる前の17時前に並ぶか、混雑が落ち着く19:30以降に行くのがオススメです。

トイレや休憩場所について

トイレは境内に5ヶ所あります。
休憩場所としては日本庭園の真ん中に「みかえり茶屋」がありますが、ライトアップ時は混雑すると思いますので、あまり当てにしないほうがいいでしょう。
トイレは車椅子用のトイレも準備されています。

交通アクセス

紅葉シーズンは岡崎公園からの駐車場に止めることになりますが、1km以上歩くことになります。
バスなら永観堂の近くを通る路線があり便利ですが、紅葉時期の京都は渋滞が多く、定刻通りの運行は期待できません。
時間通りに行動したい人は、駅から15分ほど歩きますが地下鉄を利用するのが一番確実です。

・JR京都駅から市バス5系統「銀閣寺・岩倉」行きで「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分
・京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅下車、徒歩15分

まとめ

いかがでしょうか。
京都でも1、2を争う紅葉の名所「永観堂のライトアップ」。
名所だけに混雑は避けられませんが、それでも「心洗われる美しさだった」「並んででも見る価値はあった」という声も多く、灯りに照らされた幻想的かつ迫力ある紅葉は一見の価値ありです。
夜間の拝観は冷えますので、暖かい服装で出かけて下さいね。

スポンサードリンク



SNSでもご購読できます。

コメントを残す