2016年最新節約術!OLにお薦めの超簡単にお金が貯まる方法とは?

Pocket

最近はOLでも節約を意識する方が増えてきています。

でも「主婦のようにケチケチするのは嫌!おしゃれも遊びも楽しみたい!」のが本音ですね。

ここではそんなOLにピッタリの、ケチケチせずにお金が貯まる最新の節約術をまとめてみました。

スポンサードリンク



美容代、ファッション費の節約術

画像②

・サンプル化粧品を使う
各コスメメーカーのサイトで、化粧品サンプルプレゼントやモニター募集をチェック!
コーセーの「雪肌精」、花王「ロリエ」、エーザイ「美チョコラ」などが無料でゲットできOLにお薦め!

・美容室を安く利用する
大手美容サイト「minimo」ではカットモデル募集情報の他、トリートメント無料券や特別価格クーポンなどをゲットできます。お住まいの地域で検索ができとても便利!

・リユース(中古)店で購入する
洋服やアクセサリーなどはリユース店で買うのがお薦め。特に「セカンドストリート」は、まるでセレクトショップのようにお洒落でOLのお客も多いですよ。

生活費の節約術

画像③

・電気代の節約
電力の契約A(アンペア)を下げることで基本料が安くなります。(東京電力では20Aで561円、30Aで842円)
一人暮らしでは20Aで十分なので早速切り替えを。

またソフトバンクや東京ガスなどの新電力会社に契約を乗り換えることで、更に電気代を安く!「エネチェンジ」「価格.com」で料金シミュレーションをして検討を。

・交際費の節約
OLは友達や彼氏との付き合いも多いので、外食時にはフリーペーパーやポンパレなどのクーポン利用がお薦め。
また飲み会では幹事になって幹事料金無料のお店を選び、更に全員分の料金をまとめてカード払いでポイントもゲット!
デートの時は公園やスポーツなどお金のかからない施設を。
自宅で手料理をふるまって、彼氏から惚れ直されることも・・。
旅行代金も楽天トラベルでホテル代を安くしたり、LCCや高速バス、新幹線や飛行機の早割をネットで調べて利用しましょう。

・本や雑誌代の節約
自治体の図書館では本だけでなく最新の雑誌、新聞まで揃っていてお薦め。
またブックオフ(ネット通販はブックオフオンライン)などで中古本を買うのもGOOD。

・クレジットカードの利用
電気代・ガス代・携帯電話料金などは、高還元率で使い勝手のいい「OricoCardTHE POINT」「Yahoo!JAPANカード」などのカードで一本化。
ただし絶対に高利息のリボルビング払いをしないように!

固定費の節約術

画像④

・通信費の節約
スマホをドコモなどのキャリアから、MNPで格安SIMに乗り換えて年間数万円もお得に!
DMMモバイルでは通話可能なプランで3GB/月1,500円と破格の安さ。
auのスマホを使っている方は「mineo」「UQ mobile」を選択して下さい。(SIMロック解除できればどこのSIMでもOK)
(キャリアメールは使用できなくなりますのでご注意を)

・保険料の節約
OLにとって必要性の低い保険は解約を。
医療保険は高額医療制度や傷病手当金がありますので、保険料をそのまま貯蓄に回すのがお薦め。
どうしても不安な方は保険料が格安の、「楽天生命ピンポイント」「アクサダイレクト・カチッと医療」のようなネット通販型医療保険、もしくは会社のグループ保険で最低限の保障に。
生命保険(死亡保障)は扶養している家族がいなければ、加入する必要はありません。

・家賃の節約
駅から少し遠い、築年数が若干古い、人気エリアではない物件を選んで家賃を節約しましょう。

まとめ

・サンプルコスメや美容室クーポンの利用。洋服はリユース店で購入
・電気代は契約Aの変更と新電力会社への切り替え
・交際費はクーポン利用。デートはお金のかからない施設で
・本や雑誌は図書館で。古本屋もお薦め
・支払いを高還元率のクレジットカードでまとめる
・スマホを格安SIMに乗り換える
・保険はなるべく入らない
・家賃が少しでも安い物件を選ぶ

以上がOLにお薦めの簡単節約術です。
この節約術を実践すれば、普段の生活でケチケチしなくても自然とお金が貯まっていきますよ。
ただし時にはプチ贅沢をして、頑張っている自分へのご褒美もお忘れなく!

スポンサードリンク



SNSでもご購読できます。

コメントを残す