2016年ふたご座流星群の見えるのはいつ?方角は?

Pocket

12月に入るとあちらこちらでイベントが目白押しですね。

天体ショーも三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」の時期になります。

年間観測できる流星群でも流星の数と量が安定している流星群です。

是非ともクリスマス前のロマンチックな天体ショーを楽しんでください。

スポンサードリンク



2016年ふたご座流星群が見えるのはいつ?

2016年のふたご座流星群のピーク(極大)は12月14日の午前9時。

9時なんて見えませんね・・・。

ですからピーク以外のタイミングを狙いましょう。

第一候補は13日の夜から14日の明け方
※ピークへ向けて増加していく

第二候補は14日の日の入りから15日の明け方
※ピークが終わり減少していく

ふたご座流星群は観測できる流星の数が多く一晩で500個ぐらい見えることもあるそうです。

条件が良ければ1時間で数十個は観測できるでしょう。

45b883c421603f6c0c4bb6d901e325c4_s

ふたご座流星群が見える方角は?

方角はどこでも大丈夫です。

ただし、月の明かりや市街の明かりなどの影響を受けないようにすること。

月の明かりを避ける場合は月と反対側の空を注意する。

また市街の明かりを避ける場合は暗い山や田舎など、といった場所です。

三大流星群とは?

三大流星群とは毎年安定して流星が観測できる流星群のことを指しています。

今回紹介する「ふたご座流星群」以外に

「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」があります。

「しぶんぎ座流星群」は1月に観測できる流星群で極大の前後1日が観測タイミングです。

「ペルセウス座流星群」は8月中旬に観測量が増える流星群です。
観測は7月下旬からできますが数は少ないです。

寒さ対策

12月なので夜はもちろん寒いですね。

寒さ対策は万全にして挑みましょう。

寒さ対策は足元が大事です。

女性はスカートなどは避けましょうね。

最低でもこれだけは準備しておきたいですね。

・カイロ
貼るタイプでおなかに貼りましょう。

・ベンチコート
サッカーの試合などでベンチの人達が来ているアレですw
本当に温かいですよ!

・ブーツ
私の経験上、スニーカーは足先が冷えてつらかったです。
内側にウールが貼られている防寒用がベストです。

くれぐれも「たき火」などしないようにしましょう。

まとめ

2016年のふたご座流星群は極大は外れてしまいますが

天体ショーを楽しむには問題ないでしょう。

12月13日の夜から14日の明け方がねらい目。

月や町の光の影響を受けないようにする。

あとは寒さ対策!

クリスマス前の天体ショーを是非楽しんでくださいね。

ありがとうございました!

スポンサードリンク



SNSでもご購読できます。

コメントを残す